名古屋で行政書士をお探しなら【名港国際法務事務所 】へ。中国語完全対応で、各種ビザ申請や国際結婚手続きを承っております。建設業許可や遺言・相続もお任せください。

遺言

「遺言なんてお金持ちがやることなのでは?」という方へ

法務省の統計では、1千万円以下の遺産で家庭裁判所の調停が成立したケース(つまり「もめた」ケース)は、全体の約32%を占めています(2012年)。ずばり、「少額でももめます」。

「遺言なんてまだ早い」という方へ

遺言を残すには想像以上に心理的な負担が伴います。

また、いざ遺言を残そうとしたとき、「遺言能力」がなければ遺言はできません。

認知症や様々な病気、高齢などによって遺言能力に疑いあり、とされ、遺言の有効性が後になって争われる、といったケースはごまんとあります。遺言は元気なうちに残しておくのがベストなのです。

遺言の種類

・自筆証書遺言

・公正証書遺言

・秘密証書遺言

それぞれにメリット・デメリットがありますが、おすすめは公正証書遺言です。

作成にやや手間がかかり手数料も発生しますが、紛失・偽造・隠匿・破棄といった可能性がなく、

遺言の内容が確実に実行される可能性が極めて高いといえます。

公正証書遺言作成の流れ

 

 

TEL 080-3623-5661(直通) 電話受付時間9:00-20:00 【日・祝日除く】

PAGETOP
Copyright © 行政書士陸事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.